大阪で助成金申請・就業規則作成などの社労士・社会保険労務士業務は大阪駅前助成金サポートセンターへ。助成金申請・就業規則作成対応の社会保険労務士法人トップ労務マネジメント

無料メール相談
    • ホーム
    • 今なぜ助成金なのか
    • ご相談から受給までの流れ
    • 中小企業のための助成金紹介
    • 中小企業を守る就業規則
    • グループ代表&社労士紹介
    • セミナー情報
    • 事務所概要・アクセス
    • 料金案内
グループ代表&社労士紹介
トップページ > グループ代表&社労士紹介
代表挨拶
グループ代表&社労士紹介

働き方改革法は“見たくない現実”なのか?

2019年4月1日を振り返ってみると、新元号発表の日だけではなかった??
この日より『働き方改革関連法』が施行されました。
この動きを経営者は軽く見てはダメでしょう。

なぜなら、1947年の労働基準法制定以来、“70年ぶりの大改革”といわれるからです。
長時間労働や過労死の防止を目的に、敢えて罰則を付けてまで、

▼年次有給休暇制度の取得義務化
▼残業時間の上限規制

が盛り込まれたことが大きな特徴です。

グループ代表プロフィール
働き方改革法は労働者にとっては、朗報でしょう。

一方、経営者にとってはどうでしょうか?

人手がなかなか確保できない今日、ギリギリの人数でやっている。
それなのに「年休を取らせろ」「残業はさせるな」とは一体何事か!?
こんな法律ができたら、事業が成り立たないじゃないか!

そんな悲鳴が経営者から聞こえてきそうです。

働き方改革法はまさに“見たくない現実”と言えるのかもしれません。
しかし、よく考えてほしいのです。

「法律でこうなった以上、ちゃんと守らなければならない。ああ、仕方ないなぁ~」

という義務感だけの思考回路で終わらないでほしいのです。
確かにわれわれ士業にも責任の一端があるかもしれません。

士業が経営者の皆様からお叱りを受けるのは、杓子定規な回答で終始、法的な義務感だけを訴える対応です。

「税法ではこんな規定になっているので、こう処理しないとダメです。そうしないと、税務調査で否認されますよ。」

「労基法ではこんな定めなので、これではダメです。そうしないと、労基法違反で訴えられますよ。」

確かに立法趣旨は以下の通りです。

▼税法 = 税金を取るための法律

▼労働基準法 = 労働者を使用者から保護する法律

 

だからこそ、われわれ士業が義務感だけを訴える対応をしてしまうと…

「おたくは一体どこを向いて、 仕事をしているの??
 税理士って、税務署の回し者? 社労士って、労働者の味方?

 おたくにお金を払っているのは、 一体誰なのか、わかっているの??
 法律上ダメかどうかぐらい、今のご時勢、ネットで調べたら、 すぐにわかる話でしょ。

 私は別に脱税する気もないし、 労基法違反するつもりもない。
 おたくに聞いているのは、 うまくリスクを回避するための知恵なんだよ。

 それが聞きたいから、 顧問料を払っているんです。」

とお叱りを受けることになります。

 (反省!)

  :
  :
  :

2024年度より新紙幣が発行されます。
新千円札の顔になるのは、北里柴三郎氏。
『日本の細菌学の父』と言われた医学博士です。

北里柴三郎氏にこんな名言があります。

……………………………………………………

 医者の使命は、病気を予防することにある。

……………………………………………………

今日の医学では『予防』の概念は、当たり前になっています。
しかし、明治から昭和初期の時代下で、北里先生は予防の意義をすでに説かれていた。
敬服の限りです。

医学のような高尚な専門領域には遠く及びませんが、 士業のわれわれもこの言葉を肝に銘じるべし。
そう自戒したいと思います。

それでは、働き方改革法の『予防』 とは一体何なのか??
答えは『働き方改革支援コース(人材確保等支援助成金)』を利用することです。
働き方改革法の具体的内容とは?
今年度より新設されました。
まさに今年度の新設助成金の目玉でしょう。

国は中小企業に対し、義務の履行だけを求めているわけではありません。

義務があれば、権利も存在します。
しかし、義務は黙っていても履行されます。

ただ権利は自ら手を挙げ、行動しなければ、享受できません。これは世の常ですね。

働き方改革法の趣旨をきちんと理解し、忠実に実行する中小企業においては、
自ら手を挙げ、助成金を獲得していかねばなりません。

井上礼之氏(ダイキン工業元代表)に、こんな名言があります。
 ……………………………………………………

 今のように、変化が常態化した経営環境にあって、

 変化に対応するだけでは、 予期せぬ競合相手に負けてしまう。

 自ら変化を仕掛けていく、 攻めの姿勢を保つこと。

 そこに徹底して、こだわるべきだ。

 ……………………………………………………

1994年からダイキン工業の社長に就任。

経営危機にあった同社を世界トップクラスの空調機メーカーに成長させた経営手腕。

当時と時代背景は異なりますが、 この精神は今日でも大いに学びになります。

働き方改革法を遵守する。

コンプライアンス経営は大変重要です。

しかし、井上礼之氏の言葉にあるように、働き方改革法に対しても、

「単に変化に対応するだけではダメ。 自ら変化を仕掛け、攻めの姿勢を保つ。」

という経営姿勢が今求められています。
『変化に対応する = 働き方改革法を遵守する』

というレベルだけで決して、踏みとどまってはいけません。
グループ代表プロフィール
こんな経営方針を持ってほしいのです。そうすれば、以下が実現します。

▼働き方改革法の施行
⇒ 単なるコンプライアンス遵守の話で終わらせない
⇒ 新設の助成金を要マーク
⇒ 社員がイキイキ働ける職場環境づくり変革の大チャンス
⇒ 決して“見たくない現実”でなくなる

令和の新時代に是非とも助成金の受給チャンスを100%活かして頂きたいと思います。
共に社長業を楽しみながら、組織の成長を目指しましょう。

大阪で助成金申請・就業規則作成などの社労士・社会保険労務士業務は大阪駅前助成金サポートセンターへ。助成金申請・就業規則作成対応の社会保険労務士法人トップ労務マネジメント



当社労士法人スタッフ紹介
中田 亜弥(社会保険労務士)

氏名:中田 亜弥(社会保険労務士)

出身地:大阪府

趣味:剣道・合唱

一言メッセージ :
社会保険労務士として、顧問先のお客様のお役にたてるように頑張っていきますので、どうぞ宜しくお願い致します。

«弊社代表からのコメント»
大阪市立大学卒業後、大手損保会社、大手百貨店、製薬企業など一般企業で、人事総務に長年従事し、社会保険手続きや給与計算業務、安全衛生管理を手掛けてきた。正確な事務処理スキルを有しており、常に冷静沈着に的確に仕事を進める姿勢は目を見張るものがある。プライベートでは、二児の母である。

山内 力哉(人事労務コンサルタント)

氏名:山内 力哉(人事労務コンサルタント)

出身地:大阪府

趣味:ゴルフ

一言メッセージ :
以前の職場で店長を任され、毎月の目標を常に意識することで、経営感覚を身に着けることができました。
仕事をする上で大切にしているのが「和」です。チームワークをモットーに頑張りますので、宜しくお願いします。

«弊社代表からのコメント»
大阪経済大学出身の弊社社労士予備軍の一人。食品業界やコンサルティング会社で長年営業に従事してきた。厚生労働省の助成金に大変造詣が深く、顧問先のお客様の状況を綿密に分析し、助成金の受給チャンスを活かす提案力とコンサルティングは高い評価を得ている。プライベートでは、二児の父である。

田中 千春(社労士チームアシスタント)

氏名:田中 千春(社労士チームアシスタント)

出身地:大阪府

趣味:

一言メッセージ :
労務に関するご質問をお客様から頂き、喜んで頂ける時に仕事に最高のやりがいを感じます。
社労士業務を通じ、経営者の皆様の未来予想図を共に描きたいと考えております。どうぞよろしくお願い致します。

«弊社代表からのコメント»
甲南女子大学出身の弊社社労士予備軍の一人。大手商社勤務を経て、会計事務所経験10年のキャリアを有する。段取りよく、正確に仕事を進めるスキルを有し、天職発想をもって社労士業務に従事している。社内では総務業務も担当し、クライアントのみならず、弊社の快適な職場環境づくりに貢献してくれている。プライベートでは、自営業の夫がおり、中小企業経営者の心情に共感レベルで寄り添えるワーキングマザーである。

大阪で助成金申請・就業規則作成などの社労士・社会保険労務士業務は大阪駅前助成金サポートセンターへ。助成金申請・就業規則作成対応の社会保険労務士法人トップ労務マネジメント

大阪で助成金申請・就業規則作成などの社労士・社会保険労務士業務は大阪駅前助成金サポートセンターへ。助成金申請・就業規則作成対応の社会保険労務士法人トップ労務マネジメント

大阪で助成金申請・就業規則作成などの社労士・社会保険労務士業務は大阪駅前助成金サポートセンターへ
大阪駅前助成金サポートセンター今なぜ助成金なのか?ご相談から受給までの流れ
中小企業を守る就業規則中小企業のための助成金紹介セミナー情報料金案内
事務所概要アクセスお問い合わせサイトマップ